長門市│小児歯科医院・歯医者・矯正歯科│田中歯科医院

問合わせ
img img

※現在調整中



診療時間

ご予約ご相談受付中

img
img img
img

田中歯科医院 院長挨拶

画像

私は子供を歯医者嫌いに
したくありません。

小さい子供さんをお持ちの方にお願いがあります。
子供が虫歯が出来る前に出来れば生まれて一年くらいたったらお口に問題点がなくても虫歯を作らないように歯医者デビューさせましょう。
虫歯のないキレイな歯並びの永久歯にしていきませんか?

画像
氏名 田中 克典(たなか かつのり)
生年月日 昭和36年6月10日
干支 丑(うし)
星座 双子座
血液型 A型Rh(+)
履歴
  • 深川幼稚園
  • 深川小学校
  • 深川中学校
  • 萩高校
  • 九州歯科大学 歯学部卒業
  • 同大第一補綴 歯学博士
  • インプラント専修医
  • 補綴学会会員
  • 顎咬合学会認定医
趣味 ドライブ・旅行・新しい知識、技術を得ること
苦手なこと 体を動かすこと・電気機器の配線
モットー いつもプラス思考で前向きに!

診療時間

ご予約ご相談受付中

img
img img
img

田中歯科医院の4つの選ばれる理由

画像
画像 多くの子供さんがむし歯ゼロを達成しています
画像定期健診に来られるお子さんは、いつもニコニコして来院されます。ご家庭でのむし歯予防の成果を自慢げにみせてくれます。私たちはむし歯のない事を確認し、一緒に喜び頑張ろうと励まします。
画像 初期むし歯を再石灰化して正常な歯に戻します
画像むし歯は初期の段階では、元に戻すことができます。高濃度のフッ素を利用したり、レーザー、特殊な薬を使用します。
画像 むし歯の進行をレーザー検査します
画像歯は出来るだけ、なるべく削らない方がいいです。レーザーの値が40を超えると削るか、削らないの境です。数値で現状を把握しむし歯が進行しないよう利用しています。
画像 シーラントをしています
画像シーラントとは、歯の細かい溝に歯を削らずにフッ索入りの樹脂を流しこむ方法でシーラントする事で、歯をむし歯から守ります。
画像 無料矯正相談を
しています
画像8歳までに矯正を始めると成長発育を利用できるので歯を抜かずに綺麗な歯並びにできます、遅く矯正を始めると治療の選択肢が狭まります。歯並びが気になる方に無料矯正相談をしています。
画像 歯を抜かない矯正治療が得意です
画像歯を抜かずに矯正するのが理想です。痛くない、目立たない、抜かない矯正を得意にしています。

診療時間

ご予約ご相談受付中

img
img img
img

田中歯科医院の強み

画像

強み
その1

画像

むし歯から歯を
守るのが得意

フッ索の使いかた、仕上げ磨きの仕方などむし歯を作らない方法がわかります。

強み
その2

画像

むし歯の
治療が得意

泣かさず、キチンとした治療ができるシステムと工夫があります。

強み
その3

画像

綺麗な歯並びに
するのが得意

歯並びを良くするトレーニングや、抜かない矯正治療をしています。

このようなお悩みはございませんか?

画像
img

田中歯科医院が解決します!

画像

解決
その1

画像

3歳までに田中歯科に
来られるとむし歯になりにくい

生えかけの歯はまだ柔らかく、2年かけてだんだん硬くなります。乳歯の生えそろう3歳までにむし歯にならない方法や、上手な仕上げ磨きして頂くと一生むし歯ゼロで過ごせます。

解決
その2

画像

子供が笑顔で通いたく
なるように工夫しています

明るく楽しい幼稚園、保育園のような雰囲気です。プリクラ、御褒美の消しゴム、むし歯予防のキシリトールガムやキシリトールチョコのプレゼントがあります。 歯医者嫌いの子、歯磨き嫌いの子もだんだん慣れて、知らず知らずにむし歯予防が出来るようになります。

解決
その3

画像

泣かない、痛くない、つめ物が取れない治療のシステムがあります

子供さんに合わせて治療できるようにトレーニングをします。必要に応じて、笑気麻酔を利用してはずれないきちんとした治療を行います。

解決
その4

画像

歯を抜かない
矯正をしています

歯並びは舌の位置できまります。小さい時からのベロのトレーニングで歯並びがよくなります。もし歯並びが悪くなっても8歳までに矯正をはじめると、歯を抜かずに綺麗な歯並びにできます。前歯がガタガタになったり、奥歯が横から生えたときにはなるべく早くに無料矯正相談を受けられるようお勧めします。

たくさんの子供がむし歯0を達成しています

画像
img

ここ最近むし歯に関してはひと昔前では分からなかったことが分かってきました
その結果家系(おじいちゃん・おばあちゃんなど)がむし歯が多い家族でもむし歯0を達成する事は可能です。 むし歯に対して正しく知って、正しく取り組めばむし歯0は達成できます。そのお手伝いを田中歯科医院にお任せください。 田中歯科医院ではお母さん・お父さん・子供たちに分かりやすく出来るだけ簡単に取り組めるむし歯予防をアドバイス致します。



来院の流れ

画像
  1. 電話かメールでご予約ください

    電話の場合は、予約時間を決めます。メールの場合はフォームに入力頂き送信下さい。
    この段階では予約は確定していません。翌日当院のスタッフより確認の連絡を差し上げます、そこで予約が確定します。

  2. ご予約の10分前に来てください

    問診票をご記人頂く必要がありますので時間が来院をお願いします。
    受付に保険証と福祉のオレンジ色のカードをご提示ください。

  3. 問診票にご記入ください

    まずはご家族に問診致します。
    お子様の診察をします。

よくあるご質問

画像
  • 親のむし歯がうつるって本当ですか?
open

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。確かに、親から子に口移しで食べさせたり、味見したスプーンで子供に食べさせたりする事で感染します。ただし神経質になることはありません。唾液がついたら大変と勘違いして、抱っこやほうずり、キスなどのスキンシップをやめてします必要はありません。子供が心身ともに健康に育つためにスキンシップはとても大切です。お母さん、お父さんのむし歯が無いように治療する事と、キシリトールガムを上手く使うことで子供のむし歯が予防できます。

  • いずれ抜ける乳歯のむし歯は放っておいても平気?
open

実は乳歯のむし歯は永久歯にも影響があるのです。乳歯のむし歯がそのままだと、永久歯はむし歯菌の多い汚れた環境に生えることになり、むし歯のリスクが高くなります。ひどいむし歯で膿んでしまうとそのあとに生える永久歯の色が悪かったり、エナメル質の強度が弱くなります。また乳歯のむし歯が将来の歯並びを悪くしてしまいます

  • フッ素を子どもに使ってもいいの?
open

市販させているフッ素入りの歯磨き粉、ジェル、スプレーなどは。常識的な適量を守って使えば、少し位飲み込んでも安全性に問題ありません。アメリカやシンガポールでは水道水の中にフッ素を添加しています。使い始める時期は生後6か月で歯が生えたすぐに。上手にフッ素を使うことで、大人になってもむし歯になりにくい強い歯になります。

  • 子供の口臭が心配です
open

子供の口臭の原因はほとんどが磨き残しによる不潔臭です。ブラシングをきちんとし、だらだら食べをやめましょう。もうひとつ気をつけたいのが唾液の少ないお子さんです。唾液が減ると口臭が強くなります。口呼吸をしていると口が渇き口臭が強くなります。

  • 歯みがき嫌いをなおすには?
open

どんな子も褒められるのは大好き、お母さんだけでなくお父さん。兄弟歯磨きできたら褒めてあげましょう。あるいは離れた暮らすおじいちゃん、おばあちゃんにも「歯磨き上手に出来るようになったんですよ」「仕上げ磨きも上手にできます」と伝え、「えらいね」と褒めてあげましょう。
仕上げ磨きの歯ブラシの選び方は、子供の口に合っていない歯ブラシを使うと歯磨き嫌いになります。子供が嫌がらない仕上げ磨き用の歯ブラシは、毛が蜜集して、硬さは柔らかめ、毛足が短く安定しているものを使いましょう。

  • 指しゃぶりは歯並びに影響がありますか?
open

4歳以降は歯並びが悪くなる原因になるので注意しましょう。赤ちゃんの時の指しゃぶりは問題ありませんが、4歳過ぎても治らないなら、永久歯の歯並びに影響が出る場合があります。上下の歯に隙間ができたり、出っ歯になる事があります。指しゃぶりをやめさせるために、きつく叱ってしまうのは逆効果です。指しゃぶりする暇がなくなるように手や指を使う遊びが効果的です

  • むし歯があるのに歯医者にいくのを嫌がる。どうしたらいいでしょうか?
open

ひどいむし歯でなければまずは見学から、慣れることから始めましょう。お兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば、付き添いで雰囲気に慣れましょう。だまし討ちにして歯医者につれていくのは逆効果です。歯医者に行く事をキチンと約束させましょう。治療が終わったらたくさん褒めてあげてくださいね。

  • 子供がはぎしりします。何か影響がでますか?
open

乳歯のころなら生理的なものです、人生で一番歯ぎしりする時期は6歳前後と言われています。6歳ごろ色々な物を見たり、知ったり、行動することが歯ぎしりの原因と言われています。子供の頃の歯ぎしりが原因で歯並びが悪くなったり、歯が弱くなることはありません。ただし、あまりにもひどいようなら相談してください

  • むし歯になりやすいおやつ、なりにくいおやつは?
open

チーズやナッツ、季節の野菜がお勧めです。飲物は糖分のないお茶か水が一番です。
甘いものでも、ヨーグルトやアイスクリーム、シュークリーム、ゼリーなど、口に長く残らないものは大丈夫です。ジュースや飴は砂糖も多く、むし歯になりやすいので気を付けましょう。

  • 生えたばかりに歯がきばんでみえますが大丈夫ですか?
open

乳歯は透明感のある白ですが、永久歯は乳歯より少し黄色いのが普通です。象牙質の厚さの違いによります。茶渋なら歯磨き粉でとれます。

  • 子供が転んで歯が抜けた時は?
open

抜けた歯を牛乳にいれて、すぐに歯医者にいきましょう。
乾燥したり、水道水で洗ってはダメです。
もし牛乳がなければ、口の中に入れたまま来てください。

  • 下の前歯が生えたのに乳歯が抜けません。どうしたいいですか?
open

下の前歯の後に歯が生えても大丈夫です。しかし、歯が伸びて乳歯の前歯と永久歯の前歯が同じ高さになったら抜歯した方が良いです。あまり早く乳歯の前歯が抜けると受け口になることがあります。

  • 歯並びが気になります
open

乳歯で受け口の時は3歳から矯正します。
下の前歯4本がガタガタなら歯並びは良くなりません。気づいたらすぐに矯正を始めると痛くなく、見た目も悪くなく歯並びが良くなります。上あごの成長は10歳でおわります。
あごの成長が不十分だと、歯の生えるスペースがなる歯並びが悪くなります。
歯の検診では、9割以上の子供に矯正が必要でした。8歳までに無料矯正相談を受けましょう。

  • 歯が所々白いのはなぜ?
open

歯が、まだら状や縞状に白いのは歯の硬さが弱い部分です。何らかの原因で、歯ができる時に上手できていません。そのままでは、すぐむし歯になってしまいます。高濃度のフッ素、レーザー、特殊な薬を使うことで、徐々に歯が強くなります。

  • お口がいつもポカンとあいています。どうしたいいの?
open

お口ポカンの子どもが増えています。お口ポカンは歯並びを悪くします。また免疫力を落とし、アレルギーやアトピーを誘発します。お口ポカンには、ベロのトレーニングが有効です。食事中に足を床に付けて食べることや、姿勢を良くすることでお口ポカン、歯並びが良くなります。

  • 永久歯の上の前歯4本が空いています。歯並びは悪くなりませんか?
open

永久歯の上の前歯の隙間は残りの歯が生えるにつれ、隙間はなくなりますので、大丈夫です。むしろない方が歯並びは悪くなるリスクがあります。

  • 乳歯に隙間があります。歯並びは悪くなりませんか?
open

乳歯と永久歯の大きさは違い永久歯のほうが大きいです。ですから隙間がないと綺麗な歯並びになりません。隙間があった方が良いのです。

画像